プロテックMDとは

ホーム > プロテックMDとは

プロテックMDの原理
プロテックMDの特長
プロテックMDの効果
プロテックMDの使い方
プロテックMDの仕様
  • 腰痛治療についてはこちら
  • のリハビリについてはこちら
 

プロテックMDの原理

画期的な腰部減圧治療※1
上体支持部は、人間工学を駆使した設計により、窮屈ではありません。

プロテックMDは全体重の6割と言われている上半身をかかえ上げた状態で固定、腰部に上半身の重さがかからない(椎間板内圧を下げた)状態を保ちながら腰部・下肢部等の運動療法・モビライゼーションが行えます。
この方式は浅層筋から深層筋まで万遍なくストレッチングされるため、各部の筋肉の緊張がとれ、血流を促進させます。
プロテックMDは試作段階で、2000年8月に米国サンディエゴで行なわれた、国際人間工学会で、新方式の減圧腰痛治療器として「旧労働省産業医学総合研究所(医学博士 城内博)・現日本大学教授」より発表されました。
また上半身を抱え上げただけの治療法は「1993年より行われた、ミネアポリス大学の腰痛治療臨床試験の結果、腰痛患者1,129名中92.9%の患者に、この方式(※2)の腰痛治療が非常に有効である」と報告されました。

  • ※1 米国医学博士キラカルディウイリスは「重力除去治療」と言い、プロテックMDでは「腰部減圧治療」と呼ぶ
  • ※2 椅子型重力除去式治療器
プロテックMD
 

ページトップへ

減圧腰痛治療器プロテックMDの特長

吊り下げているだけでも効果的。
治療部位に合わせて脚の高さを調節して約10分。高い治療効果と簡単操作が特長です。

  • 特長1 左右の脚の高さを変えることによって、腰部の治療部位を選べます。
  • 特長2 患者さんが治療に横臥姿勢をとらないので無理がなく、安全な治療器としてお使い頂けます。特に急性腰痛症の患者さんはベッドに横にならず治療できるので喜ばれています。
  • 特長3 先生方の治療知識が、モビライゼーション時バリエーションの幅を広くします。
  • 特長4 減圧腰痛治療器プロテックMDをご採用された先生方へのアンケート結果では、93%が有効と回答。
  • 特長5 治療効果があると答えた先生方の3人に1人が、ただ患者さんを吊り下げているだけで全くモビライゼーションをやっていない。つまり椎間板内圧を下げるだけで効果があると言えます。
  • 特長6 筋緊張を緩和するため、リハビリテーションにも有効です。
  • 特長7 先生方の治療態勢に、身体的負担が少なく施術できます。
プロテックMD
 

減圧腰痛治療器プロテックMDの特長・仕様ページトップへ

減圧腰痛治療器プロテックMDの効果

腰痛患部の体温変化
ストレッチングの効果は医学的に検証されています。

サーモグラフィ測定の際には運動療法を行わず静止状態で単純に減圧のみを15分間施行、血流の促進が見られる。

48歳(会社員)椎間板症。週に2~3回輸入貨物のコンテナ降ろしがあり、手作業で行うので腰痛が慢性化している。

  • 血流量が増加し、皮膚温度上昇をもたらし筋肉疲労を回復させます。(Dr Kageyama他)
  • 血流量の促進は、発痛・疼痛物質の生成を抑制し筋肉痛を緩和する。(Dr Moritani他)
  • 筋緊張緩和が筋電図上で確認されている。(Dr Vries他)
  • 可動域(柔軟性)に著明な改善がみられた。(Dr Bandy 他)
  • 筋紡錘の各筋肉に作用する反応をスムーズに促し、筋断裂を防止する。(Dr Mortimer他)
 

減圧腰痛治療器プロテックMDの特長・仕様ページトップへ

減圧腰痛治療器プロテックMDの使い方

椎間板内圧を下げた状態で運動療法ができる。
深層筋までモビライゼーションストレッチができる。
患者さまの症状に合わせて先生方の手技、運動療法を行うと、より効果的です。

股関節の屈伸運動、開排運動、腰椎・骨盤の回旋運動やハムストリングの伸長などを患者さまご自身で行なうことにより、腰部周辺(浅層筋から深層筋に至るまで)の血流循環を促進し、筋力・周辺組織を向上させることで、腰部から臀部、股関節の痛みを軽減させます。

プロテックMD  
モビライゼーションストレッチ

モビライゼーションとは

障害により減少した関節・靭帯・筋肉の可動域を、ストレッチ等の補助的な動きの再生で正常にもどす治療法。

●筋緊張緩和 ●痛みの軽減 ●関節部の血流促進
●神経の正常化 ●可動域の増大
●浅層筋から深層筋のストレッチ

 

減圧腰痛治療器プロテックMDの特長・仕様ページトップへ

プロテックMDの仕様

プロテックMD
製品名称 プロテック3(protec-Ⅲ)
重量 80kg
電源 100V(50Hz/60Hz)
最大治療可能体重 200kg
材質 ステンレス、アルミ、牛革、ウレタン、PVC
クラス分類 クラスI機器 管理医療機器
特定保守管理医療機器
JMDNコード 35519001

 

※ 製品の外観仕様は予告なく変更することがあります。
※ 製品の色は撮影条件などから、実際の色と異なる場合があります。

プロテックMDのサイズ

 

減圧腰痛治療器プロテックMDの特長・仕様ページトップへ